これなら安心!住宅の選び方

分譲住宅はここに注目しよう

戸建て住宅は基本的に分譲住宅と注文住宅の2種類があります。分譲住宅は建売住宅とも呼ばれているスタイルで、すでに建築済みの住宅です。分譲住宅の最大のメリットは、家が完成しているのですぐに住めることです。注文住宅のように家の完成を待つ必要はないので、賃貸住宅の家賃を最小限にできます。また、不動産業者によって一定地域に複数の住宅が建てられていることもあるので、周辺地域の様子が購入時によくわかるのもメリットです。土地のみを販売している地域の場合、周囲にどのような建物が建つかわかりにくいこともあります。分譲住宅の契約は基本的に「早い者勝ち」ですが、日当たりの状況などを確認してから購入できるのは長期的に見ると大きなメリットです。

建築主の好みを反映できる注文住宅

予算さえ許せば、建築主の好みに合わせた家を建てられるのが注文住宅です。間取りはもちろん、どこに建てるかもふくめて建築計画を練ることができます。建てたい家の漠然としたイメージはわかっても、詳細な設計を難しく感じるかもしれません。そんなときは住宅メーカーのスタッフがサポートしてくれるので安心してください。住宅の好みが明確な場合、ゼロから設計することもできますが、住宅メーカーが用意しているプランを部分的に変更するだけでも十分に自分らしい家を設計できます。建物だけではなく、庭の設計や建築後のメンテナンスなどでも費用がかかるので、その点をふまえて予算を考えてください。建築をどの住宅メーカーに依頼するか決めるには、住宅展示場がよい情報源になります。

建売住宅とは言葉の通り、建てられた住宅を売っているものです。実物を目で見て、自分の納得出来る家を探すことが出来ます。また、注文住宅は決めることが多く、大変だと感じる人にも最適です。